タイトル”墓石に用いる石の種類”

お墓の歴史 屋外墓地の基本的な構成 いろいろな墓石の形
墓石に刻む文字 墓石に用いる石の種類 墓石選びのポイント

■墓石に用いる石の種類
 墓石に用いる石については、どの石を使っても問題はないわけですが、屋外で強い陽差しや風雨の中に建てることになりますから、この意味から耐候性を第一に考え、風化に強く、錆びたり変色したりしない石が、先祖代々お祀りしていくお墓には最適です。
 墓石に使われている石の大半は、花崗岩で一般には御影石と呼ばれている石です。この他にも斑れい岩、閃縁岩、安山岩なども使われていますが、これらの石はいずれも硬質で風化に強く、磨くと光沢がでるのが共通した性質です。また、これらの石は全国的にも産出量が多く、色も白色、淡青色、淡紅色、淡黒色、黒色などがあります。産地別にみると、国内でも300種ほどあるといわれていますが、近年は枯渇傾向にあったり、海外からの輸入石材におされて、採掘を中止したりしているところもあります。
 そこで輸入石材ですが、昭和40年前後より輸入されるようになると、ぐんぐんと実績を伸ばし、現在では墓石関係に使われている石の8割以上をまかなうまでになってきています。
輸入石材で人気の高いのが、インド、アフリカ、スウェーデンなどから入る黒色の石で、この他、中国、韓国、ポルトガル、アメリカ、ウルグァイなど、世界各国からそれぞれ特徴をもった各種の石が輸入されています。

HOME 仏事ガイド 霊園紹介 石材店紹介 会社概要
お墓の豆知識 お墓の用語 宗教解説 仏壇仏具  

Copyright © 2003 六月書房Co.,LTD.
お問合せ〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-7-1
TEL.03-3207-6810/FAX.03-3207-5854