タイトル”墓石に刻む文字”

お墓の歴史 屋外墓地の基本的な構成 いろいろな墓石の形
墓石に刻む文字 墓石に用いる石の種類 墓石選びのポイント

■墓石に刻む文字
 古くは経文や梵字だけでしたが、武士階級が戒名や法名を刻むようになると、それが庶民にも一般化し、やがて本名を刻むようになります。明治時代に入って○○家之墓、○○家代々之墓と刻まれるようになってからは、これが普通となり、現在はほとんどが家名や本名を刻むようになってきました。
 イメージ今日、墓石に刻む文字にとくに決まったものはありません。家名や経文、梵字を刻む場合もあります。一般的に洋型墓は和型墓に比べて自由な様式が多く、文章や詩、また静、愛、夢、眠、やすらぎ等といった文字を刻むことが多いようです。
墓石に刻む書体にも特に決まった書体はありません。楷書体、行書体、草書体、隷書体、ゴシック体などがありますが、略字体は好ましくないという人もいます。いずれにしても永久に残るものですから、よく検討することが大切です。
 霊園などで時々見かけますが、竿石の上部に家紋を入れている墓がありますが、これは本来のお墓のあり方からすれば間違いです。石塔には仏を招来するということで、ここには仏を表わす梵字などを入れ、そして、その仏を拝み、得た功徳をお祀りする先祖へ供えるという意味があるのです。ですから家紋を入れる場所としては、竿石以外の水鉢などが適当といえます。
 石に文字を彫ってしまうと、訂正は不可能なだけに慎重に考える必要があります。

HOME 仏事ガイド 霊園紹介 石材店紹介 会社概要
お墓の豆知識 お墓の用語 宗教解説 仏壇仏具  

Copyright © 2003 六月書房Co.,LTD.
お問合せ〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-7-1
TEL.03-3207-6810/FAX.03-3207-5854