タイトル”いろいろな墓石”

お墓の歴史 屋外墓地の基本的な構成 いろいろな墓石の形
墓石に刻む文字 墓石に用いる石の種類 墓石選びのポイント

■いろいろな墓石の形
 古くからある五輪塔、宝篋印塔、多宝塔、無縫塔といったものから、お墓一般的な和型墓や洋型墓、故人の趣味を表現した趣味墓や自然石を使った墓、また近年はニューデザイン墓やオリジナルデザイン墓などがあり、墓石の形には様々なタイプがあります。どんな形のお墓にするかは建墓者の自由ですが、霊園によっては大きさや形が指定されていることもあります。
 一般的には和型墓と洋型墓に分けられます。和型墓というのは最もポピュラーな形で、台石は二段、上から竿石、上台石、中台石、芝石で構成されています。この変型として、竿石の上に屋根がついたり、竿石の下に蓮華台が付いた高級な墓石もあります。洋型墓は、公園霊園や芝生墓地ができたことで、最近多く見られる横型のお墓です。和型墓に比べると高さは低いのですが、安定感があります。また近年は和型墓と洋型墓を折衷した型のものも見られます。お墓
 生前にお墓を建てる人が多くなって、お墓の形も多様化していますが、あまり特異なお墓は、後で倒れたりといったことも考えられます。また、自分が入るのだからといっても、継承される子孫のことを無視することはできません。
 和型、洋型だけでなく、お墓の形を考えることは当然ですが、やはりバランスがよく、落ち着いた美しく見える墓を建てたいものです。

HOME 仏事ガイド 霊園紹介 石材店紹介 会社概要
お墓の豆知識 お墓の用語 宗教解説 仏壇仏具  

Copyright © 2003 六月書房Co.,LTD.
お問合せ〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-7-1
TEL.03-3207-6810/FAX.03-3207-5854