永代供養墓事業部/(株)六月書房
これからの寺院における必要不可欠な施設、それが永代供養墓です。
Top設置のすすむ永代供養墓‖成功する永代供養墓の設置と運営について‖永代供養墓仕様
 
六月書房(永代供養墓事業部)からのご提案
 六月書房では18年余にわたって霊園・墓地の情報誌『霊園ガイド』『仏事ガイド』を発行し、また永代供養墓を求める方々に対し『永代供養墓の本』を発刊、長きにわたって永代供養墓に関わってきました。
この間、永代供養墓を求める方々の声、また永代供養墓の設置例を取材してきました。
 その結果、永代供養墓を求める方々が真に求めていることが”安心”であり、”安心”に尽きることが分かりました。
 一方、永代供養墓を設置する寺院において、成功する永代供養墓の設置運営には何が必要なのかも、数多くの取材例の中から、その要因を検証し、それらのことを形にして誕生したのが、今回ご紹介する永代供養墓なのです。
   
美しく、堅固で、永続性が保たれること
長期にわたって美観保持が感じられること
個々の納骨スペースが確保されていること
供養内容、使用規則、契約書類が整備されていること
縁者がお参りしやすい雰囲気があること
経済性に優れていること
受入れ費用が低いため、設置費用を軽減し、立派なものを設置することが、初期投資の早期回収を可能にします。
荘厳さ、永続性を与えるもの
全て御影石を使用し、入念な加工と施工を施し、堅固な基礎工事を行っています。
機能性と保守管理に優れていること
コンパクトな様式ながら、112体の骨壷(7寸径)を収蔵でき、遺骨の一時預かりとしての併用使用も可能です。また石材表面に本磨加工を施しているため、掃除、美観保持が容易です。
使用規約、契約書類と広報活動が充実していること
契約書、使用規則の作成には経験と実績をもつ六月書房がノウハウ提供し、開設後の広報活動についてもアドバイスするとともに全面的なバックアップをします。
   
Top設置のすすむ永代供養墓‖成功する永代供養墓の設置と運営について‖永代供養墓仕様
 
お問い合せ・お申し込みは
(株)六月書房 永代供養墓事業部 mail:info@butuji.co.jp
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-7-1
電話:03-3207-6810(代) FAX:03-3207-5854

全国永代供養墓WEB
NEW!! 全国の永代供養墓・合葬墓紹介サイト「全国永代供養墓WEB」 >>>

Copyright c 2005_2006 “永代供養墓事業部” All Rights Reserved.;