タイトル”仏壇の種類と名称”

仏壇の種類と名称 仏壇の安置と飾り方 戒名と位牌 仏壇購入ガイド

 現在つくられている仏壇は厨子を変形して内部を装飾し、中央部の須弥壇を中心に、仏教の世界の相を構成しています。  仏壇は大別して漆塗金仏壇(塗仏壇・金仏壇とも呼ばれている)と唐木仏壇(木地仏壇とも呼ぶ)があります。この他、材質に合板とかアルミニウム、プラスチックなどを使った廉価な仏壇もあります。

○漆塗金仏壇
 漆塗金仏壇は関西方面、近畿、北陸、東海地方で多く祀られています。宗派的には浄土真宗の方が多いようです。
 仏壇の素材は、木地は檜、杉、=22FB木などで、そのうえに漆が塗られ、金箔をはりつけた豪華な仏壇です。金箔も一枚掛け、二枚掛け、三枚掛けとあって、三枚掛けのものが最高とされています。  金箔は高級品には本金箔、普及品には洋金箔を使用していますが、金箔だけでなく、漆の塗り方、彫刻など装飾の施し方で価格にも大きな差があります。
 

○唐木仏壇
 関東以北や都市部で多く祀られている仏壇です。金箔をはりつけた部分は、正面奥程度で、金仏壇に比べ渋いつくりの仏壇だといえます。
 素材には黒檀、紫檀、欅、桜、、桑、桐といったものが使われています。これら原木の多くは東南アジアなどが主な産地とされ、古くから「唐木」と呼ばれていたことから、唐木仏壇という名称がうまれたわけです。
 唐木仏壇の特徴は、それぞれの木のもつ木目の美しさを生かしたところにあります。簡素ななかに落ち着いた雰囲気があります。
 
 

○仏壇の形と大きさ
 仏壇の形は宗派によって若干は異るものもありますが、大きな違いではありません。
近年の生活スタイルの変化などによって、形も大小のものがあります。特に上置型仏壇といわれる形式は、団地やマンションという住宅形式の誕生によってうまれてきたものです。この他、キャビネット形、洋室空間にマッチする新しいデザインの仏壇など、空間に合せたさまざまな形の仏壇があります。
 また、仏壇に使用される素材も、木、漆、金箔といった以外に、金属、プラスチック、またごく最近では大理石やガラス素材を使ったものもあります。
 何を選ぶかは購入者の判断ですが、基本的にはこころのこめられるものとなります。

HOME 仏事ガイド 霊園紹介 石材店紹介 会社概要
お墓の豆知識 お墓の用語 宗教解説 仏壇仏具  

Copyright © 2003 六月書房Co.,LTD.
お問合せ〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-7-1
TEL.03-3207-6810/FAX.03-3207-5854