タイトル”戒名と位牌”

仏壇の種類と名称 仏壇の安置と飾り方 戒名と位牌 仏壇購入ガイド

 肉親の誰かがなくなると、葬儀を行ない、戒名をつけてくれるよう頼みます。この戒名は単に死者に与えられる名前という意味だけではありません。死後、仏教に帰入し受戒したとして与えられるものです。
 ですから本来は、生前に仏教教団に入って戒律を守ることを誓った者が俗名を改め、戒名をうけます。在家の場合は受戒会に加わった者がうけ、戒をうけ仏法に帰依した者に対する名前なのです。
 最初は戒名、法名も同じように考えられていましたが、真宗では戒を説きませんので、真宗が広まると法名をたてました。ですから真宗では戒名といわず法名といいます。
○戒名(法名・法号)の構成
 戒名、法名の構成では、一般の戒名、法名は二字でしたが、道号などが加わり、本来の戒名、法名が全体を指すことばになり、本来の二字は法号と呼んで区別するようになりました。
 全体として、法号の上に院号、宗派法号、道号、法号の下に位号(居士、大姉、信士、信女、といった位階や性別を表わす位号)がつけられます。
○院号・院殿号
 法号の上に冠するものの中で、最上の尊称とされるのが院号、院殿号です。院というのは垣や回廊のある建物を指していますが、これが寺院の別称として用いられるようになってきました。ですから院号、院殿号を与えられた人は、寺院に対して寺を建立するほど貢献した人ということになります。現在はその基準はあいまいで、時には批判を受けることもあるようです。
○道号
 中国では古くに、字を持ち、その人を尊んで呼ぶ時この字を用いていました。この字が道号です。最初は禅門に始まったのですが、他宗派でも用いられるようになりました。本来は仏道を証得した者が称するものですが、現在では一般の人の戒名として用いられています。
○居士・大姉戒名
 居士はインドで農工商の庶民を、中国では家にあって修道に励む人を指します。信心の篤い人に対して、仏教特有の称号となったものです。
 大姉というのは、元来は比丘尼、尼僧を指す言葉ですが、男性の居士と同様に与えられています。居士より一段上位では、男性の場合、大居士、女性の場合は清大姉と表わします。
○信士・信女
 信士、信女は、優婆塞、優婆夷の意訳で、ともに五戒、または十善戒を保ち、清洋で、正を信じ、邪を信じない仏弟子をいい、信心の篤い者に、信士、信女が与えられます。
○童子・童女
 童子・童女は、得度していない男女をいいます。一般的には7才〜15才くらいで亡くなったとき与えられる称号です。童子・童女の上に大を冠することもあります。
○孩児、孩女、嬰子、嬰女、水子
 これらは、一般的に童子、童女より年齢的に下の場いの称号です。孩児、孩女は幼児、幼女に、嬰児、嬰女は乳飲児に、水子は死産児の称号として用いられます。
位牌
 位牌には大小、いろいろな形がありますが、大別して、札位牌と繰り出し位牌の2種があります。札位牌は故人一人一人が独立してつくられたものです。繰り出し位牌は、屋根や扉のついた位牌の枠があり、中に長方形の札位牌を複数納められるようになっています。

HOME 仏事ガイド 霊園紹介 石材店紹介 会社概要
お墓の豆知識 お墓の用語 宗教解説 仏壇仏具  

Copyright © 2003 六月書房Co.,LTD.
お問合せ〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-7-1
TEL.03-3207-6810/FAX.03-3207-5854